RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

ARCHIVES

PROFILE

LINKS

OTHERS


06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Black Cats Fanatic's World

黒猫丸のお笑い?日記
咲きました
楽しみにしていた青いのが咲きました。もっと咲かないかなぁ・・・

| - | 16:54 | - | - |
今年初
今朝、今年初の朝顔が咲きました。いよいよ夏なのだなぁと改めて感じます。

| - | 14:18 | - | - |
ロジャーがお星様になりました
日本猫のロジャーが6月3日の3:23分頃、虹の橋を渡りました。享年18歳でした。

5月は大型連休過ぎからロジャーと同じ年のグレンが急に食べなくなり、退院サポートと言う高栄養価のウェットフードを強制給餌する処から始まり、グレンが奇跡的な復活を遂げた後、シャムのソニアが17日頃から食べなくなり、またぞろ強制給餌へ。その数日後に今度はロジャーが全く食べなくなりました。違ったのはグレンや2週間後に回復したソニアが強制給餌でも食べたのに対し、ロジャーは食べようとせず、水も飲まなくなりました。高齢猫はこれ迄に何度も世話していますが、水を飲まなくなったのはロジャーが初めてでした。
シリンジで同じウェットフードをやったり、スポーツドリンクを飲ませたりしていたのですが、フードを何度も吐いたり、下痢をした為、やるのを止めてスープ系パウチに変更。スープに水を混ぜて何度も飲ませる毎日でした。

最初は二階の寝室に寝に上がって来たり、少しはウロウロしていたのですが、段々体力が無くなって来た為か、余り動かなくなり、殆ど寝たきりに。それでもトイレはちゃんと猫用トイレへ行っていたようなのですが、最期の数日は動けない為、おもらし状態になっていました。

6月は最初の土日にバースのCFAショーがあり、日中留守にするので家族でロジャーの様子を交代で見たり、会場へ行く時間をずらしたりと協力して世話を続けました。ショーに行っている間に亡くなったらどうしようと不安だったのですが、ロジャーは私達の気持ちを察して頑張ってくれました。
2時過ぎから呼吸が浅くなり、緊張して見守っていたのですが、結局意識が戻ることなく、眠る様な感じで去って行きました。


ロジャーは予防接種以外、通院した記憶が無い程、元気な子でした。小柄で弱いことを自覚しているからか、常に私達に頼っている感じの処があり、大きな瞳の可愛らしさと相まってずっと仔猫の様な感じの子でした。

火葬の時はロジャーが夏場エアコンが入る時に愛用していたクッションも一緒に添えてやりました。




5/13はブレットと仲良く添い寝する姿が見受けられる程、変わりなく元気でした。




色々な姿態がどれも愛らしく、何をしても可愛い子でした。










これからは本当に寂しくなりそうです。

| - | 21:35 | - | - |